TOP  >  事業内容  >  電気買取(再生可能エネルギー)

電気買取(再生可能エネルギー)東村山発ちいき電力

皆様はなぜ太陽光発電をチョイスしたのでしょうか?

大規模停電への備え、経済性、先進性、地球環境への思い・・・理由は様々でしょう。

どれもとても純粋で、崇高なお考えの基に、設置をご決断されたかと思います。

当社は、燃料、エネルギー関連の事業を続けて58年、この間、時代の流れとともに、扱うエネルギーの種類を増やして参りました。そして電力自由化がスタートした今、当社も電力の販売を開始いたしましたが、当社では地球環境を考えて電力の「地産地消」を目指した電力事業を展開することにいたしました。

そのためには、皆様方のご家庭で発電して余った電力を必要としております。
是非、当社にお売りください!

地元の電気を地元で消費する仕組みのご協力を頂けると、皆様方の環境に対する意識が「現実的な実践」になる、と確信しております。
私たちが未来のために出来る小さな活動のひとつだと思っております。

あたなのスイッチが地域を変える、地球を変える・・・・・・


太陽光発電 イメージ

 電気の買取に関してはこちら 

売電先をエネックスに替える手順

太陽光電力買取までの流れ 2016年4月1日以降、STEP1:(設備所有者様→当社)  購入電力量のお知らせ、STEP2:(当社→設備所有者様) 御見積書(提案書)提出、STEP3:(設備所有者様→当社) 託送供給等に関する承諾書 お申込み、STEP4:(当社↔東京電力パワーグリッド) スイッチング支援システム 廃止とスイッチングの手続き、STEP5:(設備所有者様と当社) 電力買取契約締結、STEP6:(設備所有者様と東京電力パワーグリッド) スマートメーターへの交換 交換済の場合あり、手続完了・買電開始

売電の仕組み

固定価格買取制度(FIT制度)が適用される買取保証期間は法律で定められたもので、個別の電力事業者との契約ではありません。つまり、どこの電力会社に対して売電するとしても、発電設備の区分により買取期間(例えば10年間)の間は、固定価格での買取条件は保証されます。
売電先を新しい電力事業者に変更したあとに、万一電力会社が事業中止や倒産し買取サービスがなくなってしまった場合であっても、他の電力会社は申し込まれた買い取りを断れないことが法律で決まっています。

固定価格買取り制度に係る問い合わせは資源エネルギー庁でも可能です。


固定価格買取制度に関するお問い合わせ窓口(受付時間 平日9:00〜18:00)、TEL:0570-057-333、PHS IP電話からは、042-524-4261

売電の流れ イラスト

お客様の発電設備がFIT適用の認定を受けていることを確認するため、経済産業省が発行した設備の認定通知書「再生可能エネルギー発電設備を用いた発電の認定について」をご用意のうえお問い合わせ下さい。